こべっこランドとは about us

こべっこランドってどんなところ? about-us

こべっこランドは、さまざまな体験型の講座・イベントの実施や、
発達がゆっくりな子どもたちへの療育支援を通して、
子どもたちが遊び・学び、心身ともに健やかに育つためのサポートを行う大型児童センターです。

概要

施設

施設名神戸市総合児童センター(こべっこランド)
住所〒652-0862 兵庫県神戸市兵庫区上庄通1-1-43Google map
施設規模【地上】3階 【延床面積】4,100㎡

沿革

昭和62年11月神戸ハーバーランドに開館。
平成4年ハーバーランド街開きが行われる。来館者100万人に到達。
平成4年11月こべっこランドのテーマソング「神戸が好き」が完成。
平成7年1月阪神淡路大震災により被災。建物の倒壊は免れるも、ゆがみが激しく翌年4月22日まで閉館になる。
平成19年11月開館20周年記念に公募で2代目カーモが決定する。
平成29年10月来館者が1,000万人に到達。
 平成29年11月開館30周年を迎える。マスコットのカーモの「カーモたいそう」が完成。
「カーモ」がゆるキャラグランプリで3年連続神戸市1位になる。
令和5年2月兵庫区和田岬へ移転。

歴代キャラクター

ロゴマーク

こべっこランド Kobekko Land

こべっこランドのめざすもの

基本方針

健全育成

子どもたちが健やかに育つよう、様々な講座やイベントを実施し、健全育成の機会を提供しています。

発達支援

神戸市こども家庭センター、大学研究グループなどと連携し、発達のゆっくりな子どもや子育て中の親への支援をおこなっています。また、保育や発達支援の現場で活躍する方に専門研修等を通してサポートしています。

啓発・連携事業

幅広い年齢層のボランティア育成や活動支援、企業・大学・関係諸団体との連携事業、共催事業を通じて児童健全育成の啓発活動に取り組んでいます。

児童館支援

市内の神戸市立児童館の相互連携を図り、児童館運営を支援しています。
研修事業では、年間を通じて神戸市立児童館職員を対象として研修を行い、児童館運営に携わる職員の資質向上を図っています。
また、区社会福祉協議会に子育てコーディネーターを配置し、定期的に児童館を巡回し、指導・助言を行い、地域のニーズに対応した児童館運営を図るための相談等に応じています。

子ども会振興

神戸市子ども会連合会事務局として、各区の子ども会連合会や単位の子ども会に各種支援を行っています。

基本理念

「子どもの最善の利益」のために

子どもの幸せを第一に考え、すべての人にやさしい施設運営を行い、0歳から18歳までの子どもたちに切れ目のない支援を行います。

つながる(連携・協働・支援)

こべっこランドができること project

発達支援事業

発達がゆっくりなお子さんへの支援、保育や療育現場で活躍する方を講座や専門研修などを通してサポートしています。

健全育成事業

子どもたちが健やかに育つよう、様々な講座やイベントを実施し、健全育成の機会を提供しています。

啓発・連携事業

幅広い年齢層のボランティア育成や活動支援、企業、大学、関係諸団体との連携事業、共催事業を通じて児童健全育成の啓発活動に取り組んでいます。

スクロールできます