Home » 地域の児童館

地域の児童館

地域の児童館

児童館は子どもたちの遊び・ふれあいの場であると同時に、コミュニティづくりの場でもあります。
児童館は地域に開かれた施設として、すべての子どもたちのすこやかな成長を応援しています。

児童館

神戸市以外の児童館情報については、「一般財団法人 児童健全育成推進財団」のホームページをご覧ください。

拠点児童館

拠点児童館1
拠点児童館2

拠点児童館は、児童問題に関する専門性を有する児童館のことです。
通常の児童館事業のほかに、こべっこランドが大学などの研究機関や子ども家庭センターと連携して開発した「親と子のふれあい講座」や「学齢期・思春期子育て講座」などの専門講座を実施しています。
また、児童館専門ボランティア“子育てシニアサポーター”として育成された地域のシニア世代の方が、拠点児童館専門講座でのベビーシッターとして活動しています。

児童館支援

児童館研修

a.子育てコーディネーター
各区社会福祉協議会には、児童館での業務経験が豊かな子育てコーディネーターが配属されています。子育てコーディネーターは、児童館運営の質の確保と向上を目的に、児童館巡回や区内児童館職員研修を行っています。また、各区の関係機関と連携し、地域の子育て支援の充実や子育てネットワークの推進にも取り組んでいます。
b.研修事業
こべっこランドでは、年間を通じて神戸市立児童館の職員を対象とした研修を実施しています。計画的な研修により、スタッフの資質の向上を図っています。

研修の一例

研修名 対 象 内 容
館長研修(年1回) 館長 児童館での危機管理について
新任学童保育コーナー長研修(年1回) 新任学童保育
コーナー長
放課後児童クラブの制度について事例報告
指導員全体研修(年2回) 指導員 ①講義「親育ちを支援するということ
~支援者として理解しておくべき基礎知識~」
②理論と実技「子どもの遊び」
新任指導員研修(年3回) 新任指導員 ①講義「児童館の概要と児童館事業」
②市内児童館見学研修「親子館事業」
③実技研修
学童保育指導員研修(年2回) 学童保育指導員 ①講義「発達障害の理解と対応」
②講義と演習「マナー研修」
学童保育専門研修(年2回) 障害児を受け入れている
児童館職員
①講義「発達障害の理解と対応」
②事例研究
学童保育コーナー指導員研修(年1回) 学童保育コーナー指導員 実技研修
グループ討議
新任学童保育指導員研修(年3回) 新任学童保育指導員 児童館の概要
放課後児童クラブについて
キッズクラブサポートスタッフ研修(年2回) キッズクラブサポートスタッフ ①キッズクラブについて
キッズクラブサポートスタッフの役割について
②事例報告
テーマ別演習

※この他にも必要に応じて研修を行っています。

放課後児童クラブ(学童保育)

神戸市立児童館(及び学童保育コーナー)では、両親が働いているなどで保護者が昼間家庭にいない小学校低学年の児童を対象に、放課後児童クラブ(学童保育)を行っています。申し込みは各児童館(及び学童保育コーナー)で行っています。

制度についての詳しい説明は神戸市ホームページをご覧ください。